ストリートラグビー競技規則

ストリートラグビー競技規則

1.グラウンド

1-1.グラウンドサイズ

a.横7m×縦18.5m(ゴールラインからゴールライン)、

b.インゴール(ゴールラインからデッドボールライン)は3.5mとする。

c.スターティングゾーン(スターティングラインからデッドボールライン)は3mとする。

d.スターティングラインの中央にスターティングポイントを置く。

e.プレーゾーン1と2は、それぞれ縦6mとする。

f.なお、競技場により、上記グラウンドサイズは主催者の判断で決定する事ができる。

1-2.競技場の表面

表面は常に競技を行うのに安全なものでなければならない。

1-3.競技場の線

a.競技区域は、実線で引いて設営する。

b.タッチラインは、フィールドオブプレー(プレーできる範囲)に含まれない。

c.ゴールラインは、インゴールに含まれる。

d.デッドボールラインとタッチインゴールラインは、インゴールに含まれない。

e.実線を引く事が出来ない場合は、マーカー等の目印になる用具を用いる事ができる。

1-4.グラウンドに関する異議

いずれのチームもグラウンド、またはその表示について異議ある場合には、試合開始前にレフリーに申し出なければならない。

2.ボール

2-1.ボールは楕円形で、4枚張りでなければならない

2-2.ボールは4号球を使用し、空気圧は0.5~0.6kg/㎠とする。

3.プレーヤーの人数

3-1.両チームとも、プレー中に競技区域内にいるプレーヤーの人数は3名とする。

3-2.攻撃側

常に3名で攻撃をすることができる。

3-3.守備側

プレーゾーン1に2名のプレーヤーを配置し、プレーゾーン2に1名のプレーヤーを配置する。それぞれのプレーゾーンにいるプレーヤーは、ディフェンスをしている間はそのゾーンを出る事はできず、とどまらなければならない。

4.プレーヤーの服装

4-1.プレーヤーの服装とは、試合中にプレーヤーが身につけるものすべてをいう。プレーヤーは、トップス(ジャージ、ポロシャツ、Tシャツ)、パンツ、肌着類、ソックス、靴(スパイク類は使用禁止とする)を着用する。

4-2.追加着用を認めるもの

弾力があるか、または圧縮可能な材質で作られた補助具。ただし、洗濯が可能なものに限る。傷を覆うための包帯、着用物。傷を守る、もしくは防ぐための、薄いテープまたはそれに類するもの。

4-3.着用を禁止するもの

血液のついたもの。鋭い形状のもの、表面がざらざらしたもの。時計、指輪、イヤリングなのどの宝飾品。プレーヤーを負傷させる恐れがあるとレフリーが認めたもの。

5.試合時間

5-1.試合時間は最大2分以内とする。

試合は、競技時間最大1分以内ずつ前後半に分けて行う。

5-2.ハーフタイム

ハーフタイム後、リスタートサイドを交換する。休憩時間は1分以内とする。

5-3.試合時間に対する責任

レフリーは競技時間に対する全責任を負う。

6.マッチオフィシャル

6-1.試合はすべて、1名のレフリーと3名のタッチジャッジ兼ボールアシスタントからなるマッチオフィシャルの支配下で行われる。ボールは基本3個(予備1個で合計4個)で行われ、攻守交代の笛(短い笛2回)が吹かれる前にスターティングポイントにレフリーまたはボールアシスタントがボールを設置しておかなくてはならない。

6-2.レフリーの職務

レフリーは、試合中においては唯一の事実の判定者であり、競技規則の判定者である。あらゆる試合において、すべての競技規則を公平に適用しなければならない。

a.レフリーは、競技時間に全責任を有する。

b.レフリーは、プレーヤーが競技区域から退出する許可を与える。

c.レフリーは、規則に従って、ドクター、医務心得者、またはその助手が競技区域に入る許可を与える。

d.レフリーは、ハーフタイムに双方のコーチが競技区域内に入り、チームにつく許可を与える。

6-3.レフリーの笛

a.レフリーは笛を所持し、試合の前後半の開始と終了に笛を吹かなければならない。

b.笛の適応は本協議規則11項レフリーシグナルにて詳細表記に基き実施する。

7.競技方法

7-1.プレーはスターティングポイントのボールを攻撃側がピックアップすることによって開始される。レフリーの攻守交代の笛(短い笛2回)が鳴り終わり、スターティングポイントに置かれているボールをいつでもピックアップすることによりリスタートすることができる。

7-2.プレー開始後、攻撃側のプレーヤーは、ボールを捕り、ボール持って走ることができる。また、ボールを他の後方のプレーヤーに投げ与えることができる。

7-3.攻撃はタッチを受けるごとに速やかに静止し、ボールをグラウンドタッチすることでリスタートが2回までできる。タッチが3回で攻守交代となる。

7-4.防御側は相手側のボールキャリアーを片手タッチし、攻撃を止めることができる。3回目のタッチで攻守交代となる。

7-5.攻撃側はインゴールにボールをグラウンディングしトライすることができる。

7-6.プレーヤーの行うことはすべて、競技規則に従ったものでなければならない。

8.得点方法

8-1.トライ

トライは攻撃側のプレーヤーが防御側のインゴールにボールをグラウンディングすることによって得られる。得点は3点とする。

8-2.ペナルティトライまたは認定トライ

相手側の不正なプレーがなかったならば、ほぼ間違いなくトライが得られたものと認められた場合、または、何らかの理由によってボールをグラウンディングできなかった場合、レフリーによって認定トライが与えられる。得点は3点とする。

9.攻守交代

9-1.攻撃側の行為による攻守交代

a.ボールキャリアーがボールを落とした場合。

b.ボールキャリアーが前にボールをパスした場合。

c.ボールキャリアーがタッチラインから出た場合。

d.ボールキャリアーが防御側にタッチを受け意図的に静止しない場合。

9-2.守備側の行為による攻守交代

a.守備側は、相手の攻撃を止める手段としてボールキャリアーに対して側方より片手でタッチすることができる。

b.守備側は攻撃側が2回リスタートをした後、3回目の攻撃でボールキャリアーに対して片手タッチをすれば、攻守が交代し攻撃することができる。

c.守備側は正しい守備エリアでお互いがコミュニケーションをとり、連続してボールの動きに対応することでボールキャリアーやスペースに対するプレッシャーをかけ、攻撃側がボールを落としたり、前にボールをパスしたり、タッチラインから出る行為を誘発することができ、攻守が交代し攻撃をすることができる。

10.試合再開

10-1.攻撃側

a.攻撃側は、プレーの開始を必ずスターティングポイントからボールをピックアップして開始する。

b.ボールキャリアーが守備側のプレーヤーから方手タッチをされたら、プレーの停止となる。次の攻撃は、片手タッチされた地点で、ボールをグラウンドタッチしてプレーを再開する。

c,プレーヤーの経験値やプレーのクオリティを見極め、危険性を回避するために、攻守交代時のリスタートするタイミングを遅らせることや、一度静止した状態から再開する場合がある。

11.レフリーシグナル

a.片手タッチ 《短い笛1回》

b.攻守交代 ターンオーバー 《短い笛2回》

c.試合開始 《長い笛1回》

d.試合終了 《長い笛3回》

e.トライ 《長い笛1回》

12.用語

a.タッチ1回 《タッチワン》

b.タッチ2回 《タッチーツー》

c.攻守交代 《チェンジ》

d.ボールを地面に着く 《グラウンドタッチ》

e.ボールを前に落とす 《ノックオン》

f.ボールを前に投げる 《スローフォワード》

g.タッチラインからでる 《ラインタッチ》

h.攻守交代時にリスタートを遅らせる 《ボールストップ》

i.攻守交代時のゲーム再開 《レッツゴー》