目的

ストリートラグビーとは

日本のラグビーは、2019年に日本で開催されるワールドカップを迎え、認知度の向上や人気上昇をより一層強化しなければならない現状です。大勢の人の目に触れる機会をいかに作り、また、簡単に体験できる環境をどう創造していくかが課題でした。ラグビーを知らない多くの皆様にもラグビーボールに触れていただき、その手触りや息遣いからラグビーを肌で感じていただくことが大切だと考えました。

そして、考案されたストリートラグビーは、活気に溢れる市街地を舞台にスピード感とタフネス、ビートに溢れ、誰もが参加できる安全で魅力的なニュースポーツとして生まれました。参加する人や観る人を魅了するとともに、エキサイティングな空間を創造し、まちに躍動感と活気を与え賑わいや喜びを分かち合えるコンテンツとして、誰をも魅了するスポーツへと成長してきました。

一般社団法人ストリートラグビーアライアンスは、このニュースポーツの安全性を保守するために著作権と商標を保持し、ストリートラグビーの普及振興に関する事業を行い、その健全な発展を図るとともに国民健康の向上と健康寿命の延伸、そして明朗なスポーツヒューマンシップの涵養につとめ、もって社会文化の向上発展に寄与することを目的とします。まちに年齢や性別を問わないコミュニティを創造する新しい感覚のスポーツとして、多くの地域に定着化させることが重要であると我々は考えます。

実施や運営の安全性確保のために

ストリートラグビーはエキサイティングで楽しいゲームの創造を目指しています。事故を未然に防ぎ何よりも安全第一で推進することが、ストリートラグビーやラグビーの発展には欠かせない重要事項となります。
ラグビー同様、相手チームと対面でプレーし、他の競技には少ない空間認知力やコーディネーション能力が必要とされます。実施や運営をする側には、他のプレーヤーの動きやボールにタイミングやスピードを合わせてプレーする特性に、一定の練習や起こりうる問題に対する認識が必要とされ、特に経験者と未経験者を混合する場合には注意が必要です。
スピードに対する感覚落差やゲーム理解度の差を洞察し一定の進行を保つためには、安易に見えるゲーム性をはるかに超えたコントロールやオーガナイゼーション能力が必要となります。これはレフリングにおいても同様で、同時に動く6人のプレーヤーの動きを予知し、体力やバランスを失わない範囲で、より安全で効率的な動きを追及する為の特定の経験が必要となります。

インストラクター制度

一般社団法人ストリートラグビーアライアンスでは、インストラクター制度を設立します。ストリートラグビーを安全に指導実施するにあたり、ラグビーを基礎とした固有ルールの理解はもちろん、技術の発展性、特に安全性の確保に対する知識と認識が高度ラグビー経験者においても新たに必要となります。
安全に誰もができるスポーツとして確立するためには、インストラクターの養成は急務であり、ラグビー界における経験値や理解度のばらつきも底辺で修正し、ラグビー認知度の向上や地域への普及、タグラグビーの発展などに向けた、ラグビーそのものの競技理解度向上に対しても、ストリートラグビーインストラクター制度は貢献することを目指しています。

1.インストラクター
・ストリートラグビーの練習会の開催及びチームの指導等を目的として活動し、本法人がストリートラグビー憲章、競技規則を熟知していると認めた者。
・練習会の定期開催と小規模なイベントの実施ができる(本法人又はストリートラグビー・シティ・アライアンスに開催申請が必要)。
・認定講習内容は講習1.5時間、実地講習1.5時間とする。

2.アドバンスインストラクター
・インストラクターとしてすでに活動している者で、本法人又はストリートラグビー・シティ・アライアンスの中心に属し運営にかかわる者。
・インストラクターに対し認定講習を行うことができる。
・練習会の定期開催はもとより大型イベントの主催または共催者としてかかわることができる(本法人に開催申請が必要)。
・認定講習内容は講習2時間、実施講習1時間とする。

ストリートラグビー・シティー・アライアンス制度

ストリートラグビー・シティー・アライアンス(STREET RUGBY CITY ALLIANCE)とは、地域の有志によって運営される組織のことです。本法人の目的を各地域で円滑に達成するために設置するものであり、ストリートラグビーを介してまちにおけるコミュニティの創造や、まちづくりに貢献することを目的としています。
ストリートラグビー・シティー・アライアンス認定制度は、本法人の目的を具体的に実現するため、ストリートラグビーのルールやゲームの運営に熟知し、安全性の確保や維持に努め、参加者が楽しめる練習会の開催や大小のイベント開催に、細心の注意払って仕組み全体を運営推進する為のものとします。

1.アドバンスインストラクター3名以上が作る地域に根付いた組織。

2.アドバンスインストラクター資格については別途インストラクター認定規定に定める。