ストリートラグビーアライアンス活動報告

お時間のある方は、是非現地のお越しいただき、「ストリートラグビー」ってどんなスポーツかを、その目で観て、グランドに触れてみて下さい。 関係者一同、お待ちしております! 以下、開催概要広報資料の内容です! ラグビーワールドカップ2019愛知県・豊田市開催に向け「Go to 2019!ラグビーフェスタ2015」を開催します!  「ラグビーワールドカップ2019 愛知・豊田開催支援委員会」では、4年後の「ラグビーワールドカップ2019」の豊田スタジアムでの開催に向けて、開催支援活動に取り組んでいます。その一環として、今年度は、県内各所でPRイベント等を順次実施しています。 この度、今年度の目玉となる大型広報イベント「Go to 2019!ラグビーフェスタ2015」について、その詳細が決まりましたのでお知らせします。 1 イベント概要 (1)日 時:平成27年11月3日(火・祝) 正午から午後5時まで (2)主 催:ラグビーワールドカップ2019 愛知・豊田開催支援委員会 (3)協 力:愛知県ラグビーフットボール協会 (4)場 所:オアシス21 銀河の広場(住所:名古屋市東区東桜1−11−1) (5)目 的:ラグビーワールドカップ2019の愛知県・豊田市開催をより多くの方に知って頂くとともに、2019年大会に向け、ラグビーをより身近に感じて頂くために開催するものです。<参加無料> 2 当日のイベント等 (1)ステージイベント 特設ステージでは、オープニングイベントとして、主催者である愛知県知事や豊田市長等による挨拶が行われます。さらに、ラグビー経験のあるお笑い芸人「スリムクラブ」や愛知県ラグビーフットボール協会の広報大使で、地元アイドルグループの「dela」及び「Star☆T」なども出演し、会場を盛り上げます。 (2)フィールドイベント 当日は会場内に、人工芝の『ミニラグビー場』が出現します。 そこでは、今、注目の「ストリートラグビー(※)」のデモンストレーションやラグビー体験イベント等も開催します。ラグビー未体験の方にも、直接ラグビーの魅力を感じて頂くことができます。 ※ストリートラグビーとは 路上に人工芝グラウンド(約8m×20m)を敷いて行う3人制のラグビーで、東京・日本橋で生まれた新しいスポーツです。インゴール(得点エリア)は片側だけで、チームで攻守を入れ替えながら対戦します。タックルやスクラムがないため安全で、女性や子供でも楽しむことができるのが特徴です。 (参考ホームページ) //street-rugby.com/   http://www.pref.aichi.jp/0000087914.html ...

去る10月15日(木)にロンドン市長のボリス・ジョンソン氏、駐日英国大使らをお迎えして、京橋の東京スクエアガーデン1階の広場に人工芝を敷き詰めてストリートラグビーを実施しました。 9月中旬にロンドン市から1通のメールが入りました。 7月5日の日本橋ストリートラグビーのイベントの模様が英国にまで知れ渡っており、これを知ったロンドン市長が東京出張の際に、是非体験してみたい・・・という内容です。 地元日本橋の町会の方々の絶大なるご協力を頂き、あの光景を京橋で再現する事が出来、オリンピック組織委員会の森会長をはじめ、宮島東京都外務長、鈴木文部科学大臣補佐官、矢田中央区長、地元の連合町会長ら、多くの方々が観戦に来られました。 また、サントリーサンゴリアスの選手と中央区立有馬小学校4年生の子ども達がロンドン市長とのゲームを楽しみ、市長が子供に体当たりをしてしまう場面もあり、これが結果としてアイルランド・英国の紙面をカラーで飾るという展開に至ってしまうというハプニングも・・・。 https://youtu.be/XqFu_iwa9Kg ...

日本橋での大会進行をお手伝い頂いた、社会創発塾の皆さんが、ストリートラクビーに挑戦。 初めて会う方々も数名居たので、セミナー開始前の30分でストリートラクビーを利用してアイスブレーク。 15分程簡単な練習して、残りをゲームで楽しみました。 ラクビー経験者はゼロですが、女性の皆さんも”楽しかった!”と口々に嬉しい感想を頂けました。 社内研修の前にストリートラクビー! その後のディスカッションがとても良い空気の中進行出来る事間違いなし!(^^) …です ...

今日から9月、いよいよラクビーシーズン突入ですね! ストリートラクビー体験会も、明日19時〜城東小学校体育館(東京駅八重洲口徒歩3〜4分)で実施します! そんな中、先日のストリートラクビーのお話が、本日より全日空の機内誌”翼の王国”で掲載されています。 挿絵・文ともにグラフィックデザイナーの長友啓典さんが書かれたものですが、実はストリートラクビーの看板イラストも長友さんに描いて頂きました。 ストリートラクビーを介して長友さんと日本橋と言う街が再び繋がり、それをエッセイと言うかたちで表現頂けた事に感謝です。 本日からストリートラクビーが世界に向けて認知されて行けば…と願うばかりです(^^) ANAに搭乗の機会がある方、是非機内誌に目をお通し下さい! ...

あっという間に8月になってしまっていました・・・。 イベントに参加された皆さま、大変お待たせいたしました! 7月5日(日)のイベントのダイジェスト版のビデオが用意できましたので、これを観て今一度やる気を起こして下さい。(下記リンクからアクセスください) 少しでも多くの方々にこの楽しさを伝えて頂ければと思います! 引き続きどうぞよろしくお願い致します。 次回の体験会は、8月12日(水)19時~城東小学校体育館です。 こちらもお待ちしています。 https://youtu.be/qNxI0IjslMI ...

本日ストリートラグビーに参加された皆様、お疲れ様でした。 雨模様の中、87チームエントリーして、参加キャンセルになったのは僅か2チーム。 85チームの方々がストリートラグビーを楽しんで下さいました。 (朝のあの雨で、この参加率は驚きました。) 皆様のご参加、本当にありがとうございました。 お陰さまで沢山の方々から、”次回までにもっと練習する!” とか、”会社でストリートラグビー倶楽部を作る!” などと嬉しいお言葉を沢山聞くことができました。 何より皆さんの笑顔と、グランドサイドで応援する仲間の拍手など、心地よい空間を参加者の方々が自ら作り上げていたように思います。 日本橋八重洲町内会の皆さまも、沢山のチームが参加され、最後はみんなで記念写真。 サムライセブンス vs 英国選手 など、見応えのあるゲームもありました。 この場所の提供にご協力頂いた町会の皆さま、多くの協賛企業の皆さまにこの場をお借りして御礼申し上げます。 ...

本日もストリートラグビーに協賛頂いているJAC Recruitmentさんの大会議室で昼休みを使ってストリートラグビーの練習会を実施しました。 1時間という短い時間で、みなさんどんどん技を習得! 約1名、切れのあるステップを踏むと同時に靴底が剥がれてしまうアクシデントもありましたが、終始裸足で走る姿に、その熱意を感じました! 本番での皆さんの活躍が今から楽しみです。 ...

そろそろ当日の人工芝グランドの全景イメージをご紹介! 人工芝製造はカナダのFieldTurf社さま 輸入元:エイチ・エス・ジェイ・インコーポレーテッドさま 施工:奥アンツーカさま 今回のグランドの大きさ 横幅8m x 縦20m(日本橋八重洲さくら通りは8m幅道路) 2m x 5m の人工芝シートを16枚使用して1面のグランドとなります。1枚の人工芝シートの重量は300kg、深さ50mm。 ふんだんに砂とゴムチップを敷いて、裸足でグランドに立っても、全くアスファルトの感覚は無い・・・そんな素敵なグランドを3時間で2面ほど!提供致します。 1週間後にはこのグランドの上で沢山の声援・笑顔が生まれる事になると思われます! 明日にはエントリーされている皆さまのチーム対戦表・タイムスケジュールを発表いたしますのでお楽しみに! ...

STREET RUGBY は東京・日本橋を発祥の地とした新しいスポーツです。 中央区は多くの商業施設が点在し、一方で子どもたちの遊べる公園や広場に限りがある事から、「狭いスペースで・・・」「少ない人数で・・・」「ボール1つで・・・」楽しめる方法を追い求めた事がきっかけです。 多くの子どもや大人に楽しんで頂く為に、「スピード感」「早いゲーム展開」の要素を取り入れて、「恰好いいっ!」「COOL !!!」なスポーツとして、やる人・観る人双方が楽しめる要素を取り入れました。 「ゲーム世代」で育った子ども達に、俯瞰的な参加ではなく、グランドの中心で自分というキャラクターをどう動かしたら得点できるのか・・・仲間同士で考え、挑戦し、失敗を繰返しながら、「トライ」というポイントを稼いでいく「リアルなゲーム」を通じ、チームワークを学ぶ事が出来るスポーツです。 2019年にはラグビーW杯が初のアジア開催として日本にやってきます。 7人制ラグビーは2016年のリオデジャネイロ五輪から正式種目となりました。 これから数年かけて、多くの方にラグビーというスポーツの楽しみ方を身近で知って頂くため、まずは体験してみて下さい。 地域の方々や外国人の大人や子どもが、1つのラグビーボールを通じて、より多くの楽しみを見出して頂ける事を願っております。 近い将来、皆さんの街でこのスポーツをお披露目出来る事を楽しみにしています!...

今回、日本橋ストリートラグビーを実行するにあたり一番大きなプラス要素は、「奥アンツーカ」様から人工芝の提供を頂けるという事です。 私共のコンセプトに共感頂き、人工芝の製造元であるFieldTurf社の副社長イアンさんもカナダからこられ直接お話をする機会を頂きました。 実際に使用する人工芝は、横浜スタジアムや東京ドームに使用されている高級なものを「日本橋さくら通り」に敷ます。 ロールタイプでクルクルと敷いていくような薄いカーペットタイプのものとは違いますよっ! 人工芝の底のほうに砂を敷き、その上にゴムチップをちりばめてクッション性を上げます。 日頃、プロのアスリートがどんな環境でプレーしているのかを知るためにも、皆さまが実際にフィールドに立って頂き、体験してみて下さい! 実際の道路に作るフィールドのイメージはこちら。 添付の写真は合成ですが、きっと「日本橋さくら通り」もこのようなイメージになると思います。...