準備情報

今日から9月、いよいよラクビーシーズン突入ですね! ストリートラクビー体験会も、明日19時〜城東小学校体育館(東京駅八重洲口徒歩3〜4分)で実施します! そんな中、先日のストリートラクビーのお話が、本日より全日空の機内誌”翼の王国”で掲載されています。 挿絵・文ともにグラフィックデザイナーの長友啓典さんが書かれたものですが、実はストリートラクビーの看板イラストも長友さんに描いて頂きました。 ストリートラクビーを介して長友さんと日本橋と言う街が再び繋がり、それをエッセイと言うかたちで表現頂けた事に感謝です。 本日からストリートラクビーが世界に向けて認知されて行けば…と願うばかりです(^^) ANAに搭乗の機会がある方、是非機内誌に目をお通し下さい! ...

STREET RUGBY は東京・日本橋を発祥の地とした新しいスポーツです。 中央区は多くの商業施設が点在し、一方で子どもたちの遊べる公園や広場に限りがある事から、「狭いスペースで・・・」「少ない人数で・・・」「ボール1つで・・・」楽しめる方法を追い求めた事がきっかけです。 多くの子どもや大人に楽しんで頂く為に、「スピード感」「早いゲーム展開」の要素を取り入れて、「恰好いいっ!」「COOL !!!」なスポーツとして、やる人・観る人双方が楽しめる要素を取り入れました。 「ゲーム世代」で育った子ども達に、俯瞰的な参加ではなく、グランドの中心で自分というキャラクターをどう動かしたら得点できるのか・・・仲間同士で考え、挑戦し、失敗を繰返しながら、「トライ」というポイントを稼いでいく「リアルなゲーム」を通じ、チームワークを学ぶ事が出来るスポーツです。 2019年にはラグビーW杯が初のアジア開催として日本にやってきます。 7人制ラグビーは2016年のリオデジャネイロ五輪から正式種目となりました。 これから数年かけて、多くの方にラグビーというスポーツの楽しみ方を身近で知って頂くため、まずは体験してみて下さい。 地域の方々や外国人の大人や子どもが、1つのラグビーボールを通じて、より多くの楽しみを見出して頂ける事を願っております。 近い将来、皆さんの街でこのスポーツをお披露目出来る事を楽しみにしています!...

今回、日本橋ストリートラグビーを実行するにあたり一番大きなプラス要素は、「奥アンツーカ」様から人工芝の提供を頂けるという事です。 私共のコンセプトに共感頂き、人工芝の製造元であるFieldTurf社の副社長イアンさんもカナダからこられ直接お話をする機会を頂きました。 実際に使用する人工芝は、横浜スタジアムや東京ドームに使用されている高級なものを「日本橋さくら通り」に敷ます。 ロールタイプでクルクルと敷いていくような薄いカーペットタイプのものとは違いますよっ! 人工芝の底のほうに砂を敷き、その上にゴムチップをちりばめてクッション性を上げます。 日頃、プロのアスリートがどんな環境でプレーしているのかを知るためにも、皆さまが実際にフィールドに立って頂き、体験してみて下さい! 実際の道路に作るフィールドのイメージはこちら。 添付の写真は合成ですが、きっと「日本橋さくら通り」もこのようなイメージになると思います。...

この夏、7月5日(日)9:00~ 東京駅八重洲北口前の「日本橋さくら通り」の道路封鎖を行い、グランド2面分の人工芝を敷設して、中央区の小学生(4~6年生)とその家族、海外9か国からの子どもや大人を招待して、新しいスポーツである「STREET RUGBY」のイベントを開催します。 地元、日八会・日本橋料理飲食業組合・中央区のサポートを頂き、国際色豊かでスポーツを見て・やって楽しんで頂ける1日となるよう準備を進めていきます! 皆さま、楽しみにしていてください。  ...